プロットきちんとするひとしないひと

割とプロット要不要論がなされてるので

twitterとか見てたらプロットに関する話題をみかけます。きっちりやるべきだってひとと、無くても大丈夫ってひとと、いろいろいます。

結論から先にいうとそれはひとそれぞれなので自分にとってメリットのあるやり方すればいいと思います。ひとはひとなのですから。

でもそう言い切ると話が終わってしまうのでプロットについて自分が思ってることを語らせて頂きます。

論理的なひと感覚的なひと

以前右脳とか左脳とかでの判断はよくないとしたので、論理的と感覚的としました。

論理的なひとはプロットちゃんとした方がいいし、感覚的なひとはプロットてきとーでも全然OKだと思います。

私は基本プロットきちんとしよう派ですが、ときにめんどくさくなってプロットいいかげんな状態で書くことがあります。

ですから作品によって違うということになります。現在連載中の鳥憑処女奇想譚はプロットまともにやってないです。ですから詰まるのでしょうね。大まかな展開は考えていますけど、細かいところの詰めが甘くて割と涙目になること多々あります。

プロット用アプリは?

公募用のものはずっと VerticalEditor を使用していました。

ネタ書き連ね→プロット作成→原稿執筆

の流れでひとつのアプリで済ませていました。

ノベルアップ+ですと横書きになるのでterapadでもいいかなあという気がしたのでterapad使ってます。なかなか便利なテキストエディタなのですが文字数カウント機能がないのがちょっと残念です。

長年使い慣れてはいますが他にいいアプリがあればそっちに変更しようかとも思います。

どれくらい細かく書くのか?

これも作品とそのときの気分によって違ったりします。箇条書きレベルのものもあれば台詞とかト書き入れた演劇の台本みたいなのにする場合もあります。ケースバイケースです。

シーンによって違うのもざらです。重要なシーンはいろいろ書くけど、どうでもいいところは一行とか?

なんか私のやり方は全然参考になりませんね。すいません。

とにかく云えるのは完成原稿は完璧にしなければなりませんが、プロットは自分の助けになるものなので体裁とかどうでもいいと思うのですよ。

その作品を書くのに自分には何が必要なのか? を考え、それに沿って書けばいいと思います。

まとめ

プロットはこうあるべしとか議論するのは意味ないと思うの。

創作論

Posted by hokuto